fbpx

Scratch-調べるブロック-使い方

作成:旭川児童パソコン教室“ぱそんこ”

『調べる』ブロックには、4個のハットブロック5個の真偽ブロック11個の値ブロックの計20個のブロックが用意されています。ブロックの色は水色で統一されています。

調べるブロックでは、特別な条件を判定したり、スプライトやマウスや時間など、ほぼすべての値を取得できます。

次のような形をしたブロックが条件になります。条件は条件分岐のブロックと組み合わせて使用します。

条件に一致するとtrueを、一致しないとfalseを返します。

true は「トゥルー」、false は「フォルス」と読みます。


次の記事では、条件を判定する方法を詳しく説明していきます。

Scratch-調べるブロック-条件判定

ぱそんこホームページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。