fbpx

Scratch-演算ブロック-使い方

作成:旭川児童パソコン教室“ぱそんこ”

演算ブロックには、6個の真偽ブロック11個の値ブロックの計17個のブロックが用意されています。ブロックの色は黄緑色で統一されています。

条件に一致するとtrueを、一致しないとfalseを返します。

true は「トゥルー」、false は「フォルス」と読みます。

条件を作成する

左の値右の値「より大きい」か判定します。

使用例 結果
1 > 2 false
2 > 2 false
2 > 1 true

右側を向いているときは左を向きます。逆のときは右を向きます。


左の値右の値「より小さい」か判定します。

使用例 結果
1 < 2 true
2 < 2 false
2 < 1 false

マウスをスプライトに近づけると、どこかにワープします。


左の条件右の条件の 1 つでも条件に一致しているか判定します。

片方または両方とも条件に一致していると、この条件が一致します。複数の条件を作るときに使います。

使用例 結果
true または true true
true または false true
false または true true
false または false false

星か恐竜のスプライトのどちらかに触れているときに「つかまえた」と言います。


条件の結果を逆にします。

条件が一致していないとき、この条件が一致します。

使用例 結果
true false
false true

他のスプライトに触れていないときに、それに近づいていきます。


次の記事では、演算ブロック-計算の仕方ついてを詳しく説明していきます。

Scratch 演算ブロック-計算方法

ぱそんこホームページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。