fbpx

Scratch-変数ブロック-リストを作ろう

作成:旭川児童パソコン教室“ぱそんこ”

[リストを作る] をクリックします。

リストの [名前] を入力し、[すべてのスプライト用] か [このスプライトのみ] を選択して [OK] をクリックします。

  • すべてのスプライト用:他のスプライトやステージでも同じリストを使用できます。
  • このスプライトのみ:このリストを作成したスプライトだけが使用できます。

作ったリストのブロックが表示されます。[▼] をクリックしてリストを選択できます。

リストを削除

リストブロックの [▼] をクリックして削除したい [リスト「リスト名」を削除する] をクリックします。

リストが削除されます。そのリストが使用中のときは、コードのブロックも削除されます。

リストブロック

リストの最後にを追加します。

 

追加した順番にリストに追加され、自動で 1 からの番号が振られます。


 

リスト何番目の項目を削除します。

存在しない番号を指定したときは何もしません。


次のようなリストがあります。

2 番目の項目を削除します。

2 番目の「ばなな」が削除され、3 番目の「ぶどう」が 2 番目になります。リストは必ず 1 からの連番になるため、途中の番号が抜けることはありません。

もう一度 2 番目の項目を削除すると「ぶどう」が削除され、1 番目の「りんご」だけになります。


 

リストからすべての項目を削除します。

リストを空にしたいときに使います。

リスト何番目に指定したを挿入します。

指定できる番号の範囲は1 ~ 長さ + 1です。リストに 3 個入っていたら 1 ~ 4 まで指定できます。存在しない番号を指定したときは何もしません。


次のようなリストがあります。

1, 2, 3 番目をそれぞれ指定して「ばなな」を挿入すると、次のようになります。


 

リスト何番目を指定したに変更します。

存在しない番号を指定したときは何もしません。


次のようなリストがあります。

1 番目を「いちご」で置き換えると、次のようになります。


 

リストのすべての値を結合して取得し、それをブロックの値に指定できます。

結合するときはスペースで区切られます。


次のようなリストがあります。

リストを表示します。

リストの項目と項目の間にスペースを入れて結合したものが表示されます。スペースを _ で表すと「りんご_ばなな_ぶどう」になります。


 

リスト何番目の値を取得して、それをブロックの値に指定できます。

存在しない番号を指定したときは何も取得しません。


次のようなリストがあります。

1 番目なら「りんご」、2 番目なら「ばなな」、3 番目なら「ぶどう」を取得します。

リストの中にある指定したの番号を取得して、それをブロックの値に指定できます。

指定した項目が存在しないときは 0 を取得します。


次のようなリストがあります。

「りんご」なら 1、「ばなな」なら 2、「ぶどう」なら 3 を取得します。

リストの項目数を取得して、それをブロックの値に指定できます。

リストが空のときは 0 を取得します。


次のようなリストのときは 3 を取得します。


 

リストの中に指定したが存在するか判定します。

指定した値と同じ項目があると true を返します。


リストの中に「りんご」があったら「りんごあるよ」と言います。


 

リストをステージに表示します。

リストをチェックしたのと同じように表示します。

リストをステージから隠します。

リストのチェックを外したのと同じように非表示にします。


ぱそんこホームページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。