旭川児童プログラミング教育のぱそんこ

ぱそんこについてAbout

ぱそんこについて

このサイトに関する説明をここに入れます。サンプルテキスト。
このサイトに関する説明をここに入れます。サンプルテキスト。
このサイトに関する説明をここに入れます。サンプルテキスト。
このサイトに関する説明をここに入れます。サンプルテキスト。
このサイトに関する説明をここに入れます。サンプルテキスト。

当テンプレートについて

当テンプレートはhtml5+CSS3(レスポンシブWEBデザイン)です

当テンプレートは、パソコン、スマホ、タブレットでhtml共通のレスポンシブWEBデザインになっております。
古いブラウザ(※特にIE8以下)で閲覧した場合にCSSの一部が適用されない(角を丸くする加工やグラデーションなどの加工等)のでご注意下さい。

各デバイスごとのレイアウトチェックは

最終的なチェックは実際のタブレットやスマホで行うのがおすすめですが、臨時チェックは最新のブラウザ(IEならIE10以降)で行う事もできます。ブラウザの幅を狭くしていくと、各端末サイズに合わせたレイアウトになります。

各デバイス用のスタイル変更は

cssフォルダのstyle.cssファイルで行って下さい。詳しい説明も入っています。
前半はパソコン環境を含めた全端末の共通設定になります。中盤以降、各端末向けのスタイルが追加設定されています。
media=" (~)"の「~」部分でcssを切り替えるディスプレイのサイズを設定しています。ここは必要に応じて変更も可能です。

小さい端末(※幅800px以下)の環境でのみ

メインメニューが折りたたみ式(3本バーアイコン化)になります。

画像ベースは

「base」フォルダに入っていますのでご自由にご活用下さい。
写真の元素材を当社運営のPHOTO-CHIPSDECORUTOで配布している場合もございます。

inview.jsを使ったパララックス効果について

トップページの「こんなお悩みありませんか?」「ホームページリニューアルキャンペーン」や、「コース内容/料金」ページのスライドしてくるアニメーション効果は「jquery.inview.js」を使っています。
https://github.com/protonet/jquery.inview(ダウンロードサイト)

※「jquery.inview.js」は別途ダウンロードが必要です。
テンプレートのダウンロード直後の状態ではアニメーションは動きません。必ずマニュアルをご覧下さい。設定は簡単です。

class="up"を指定すると以下のように下からフェードインしてきます。

class="left"を指定すると以下のように左からフェードインしてきます。

class="right"を指定すると以下のように右からフェードインしてきます。

up,left,rightのスタイルはcssフォルダのstlyle.cssの
/*inviewのスタイル
のブロックで指定しています。微調整があればどうぞ。

トップページ上部のロゴマークのアニメーションについて

ロゴマークはSVGアニメーションになっています。IEではSVGアニメーションが表示されないので、vivus.jsを使って表示できるようにしています。※IE8以下は表示されません。
https://github.com/maxwellito/vivus(ダウンロードサイト)

※「vivus.js」は別途ダウンロードが必要です。
テンプレートのダウンロードファイルには梱包されていません。必ずマニュアルをご覧下さい。設定は簡単です。

速度の調整をしたい場合
index.htmlのhtml側の下にある、
duration: 150, //アニメーションの速度
の150を変更してみて下さい。

オリジナルの作品に置き換えたい場合
Illustratorを持っている人であればアウトライン化してSVG出力する事でアニメーションを置き換える事もできます。
Illustratorで自作したい方はこちらのマニュアルをご覧下さい。
Illustratorを持っていなくてもSVG化してくれるサイトがあるようなので、そちらで変換したものをテキストエディタなどで開いてコードを抜き出す方法もあります。
又は、完成したアニメーション画像を配布しているサイトもあるようなので、簡単に入れ替えたい人は利用されるといいと思います。

当テンプレートの使い方

注意:当テンプレートにはメインメニューが「2箇所」入っています

パソコンなどの大きな端末「menubar(幅801px以上)」向けと、タブレットやスマホなどの小さな端末「menubar-s(幅800px以下)」向けがそれぞれ入っています。大きな端末向けは編集ソフトで見れると思いますが、小さな端末向けは見えないと思いますのでhtml側で編集して下さい。

titleタグ、copyright、metaタグ、他の設定

titleタグの設定はとても重要です。念入りにワードを選んで適切に入力しましょう。
まず、htmlソースが見れる状態にして、
<title>整骨院・接骨院・整体向け 無料ホームページテンプレート tp_clinic3</title>
を編集しましょう。
あなたのホームページ名が「Sample Company」だとすれば、
<title>旭川児童プログラミング教育のぱそんこ</title>
とすればOKです。SEO対策もするなら冒頭に重要なワードを入れておきましょう。

copyrightを変更しましょう。
続いてhtmlの下の方にある、
Copyright© 旭川児童プログラミング教育のぱそんこ All Rights Reserved.
の部分もあなたのサイト名に変更します。

metaタグを変更しましょう。
htmlソースが見える状態にしてmetaタグを変更しましょう。

ソースの上の方に、
content="ここにサイト説明を入れます"
という部分がありますので、テキストをサイトの説明文に入れ替えます。検索結果の文面に使われる場合もありますので、見た人が来訪したくなるような説明文を簡潔に書きましょう。

続いて、その下の行の
content="キーワード1,キーワード2,~~~"
も設定します。ここはサイトに関係のあるキーワードを入れる箇所です。10個前後ぐらいあれば充分です。キーワード間はカンマ「,」で区切ります。

h1ロゴのaltタグも変更しましょう。
html側に、
alt="旭川児童プログラミング教育のぱそんこ"
となっている箇所があるので、この部分もあなたのサイト名に変更しましょう。

各ページ、1つ目のinnerブロックには必ずid="first"を指定しておいて下さい。

<div class="inner" id="first">です。このidが1つ目に入っていないとレイアウト上の問題が出ますので忘れずお願いします。

2つ目以降の各ブロックは、
<div class="inner">
<div class="contents">



</div>
<!--/.contents-->
</div>
<!--/.inner-->

でできています。1つ目のinnerにだけは上に書いたようにid指定が必要です。
他、innerに追加でclass指定する事で色を変えたりできます。詳しくは当ページ最下部参照。

上部のロゴ画像について

文字なしの土台画像がbaseフォルダに入っていますのでそれにサイト名をのせてimagesフォルダに上書きして下さい。画像の大きさは自由に変更してもらっても構いませんがある程度大きくしておいた方が高解像度の端末で鮮明に見えます。

ロゴサイズ変更は
cssフォルダのstyle.cssの「header h1 img」のwidthの数字で変更できます。各端末サイズごとに設定がある場合があるので注意して下さい。

上部の「ぱそんこについて」「コース内容/料金」メニューのドロップダウンメニューについて

ドロップダウンメニューを新規で増やしたい場合、

<li><a href="#">親のメニュー名</a>
 <ul class="ddmenu">
 <li><a href="#>ドロップダウン用のメニュー名</a></li>
 <li><a href="#>ドロップダウン用のメニュー名</a></li>
 </ul>

</li>

のように、親となるリストタグ<li>〜</li>の中にドロップダウン用のメニューを加えて下さい。
class="ddmenu"の指定でドロップダウンメニューとして認識されます。親のリスト(li)タグの「中」にある必要があるので間違えないように注意して下さい。

ドロップダウン(マウスオン)に対応していない端末から見た場合、親メニューをクリックする事になるので、必ず親メニューのリンク先は作っておいて下さい。

上部のメインメニューの動作について

メインメニューは画面上部に到達した際に固定表示されます。通常通りスクロールさせたい場合は、htmlの上の方にある
<script type="text/javascript" src="js/fixmenu.js"></script>
の1行を削除してください。

ページ内の指定箇所にリンクする場合の注意点

トップページの「こんなお悩みありませんか?」の「コース内容」のリンクボタンの移動先の説明です。
ヘッダーメニューが上部に固定表示されるので、通常のリンク方法だとその分が一部が見えなくなってしまいます。
問題を回避する為に、リンクにはid指定とともにclass="link"を指定しておいて下さい。
例:<span id="menu1" class="link"></span>
このタグを入れる場所ですが、直接飛びたいボックス内ではなく、ボックスの上に1行追加して下さい。詳しくは、menu.htmlの各治療法のボックスの上(※html側)にリンク先の指定がコメントとともに1行ずつ入っているので参照して下さい。

小さな端末用メニューを増やす場合の注意点

小さな端末用メニューをあまり増やすと途中で(スクロールできないので)見えなくなるので注意して下さい。fixedをabsoluteに変更する事でスクロールできるようになりますが、上部の固定表示はできなくなります。お好みでどうぞ。

プレビューでチェックすると警告メッセージが出る場合(一部ブラウザ対象)

主にjavascript(jsファイル)ファイルによって出る警告ですが、WEB上では出ません。また、この警告が出ている間は効果を見る事ができないので、警告メッセージ内でクリックして解除してあげて下さい。これにより効果がちゃんと見れるようになります。

bg1の背景ですspanタグです

type1の見出しスタイルですspanタグです

type2の見出しスタイルですspanタグです

bg2の背景ですspanタグです

type1の見出しスタイルですspanタグです

type2の見出しスタイルですspanタグです